FC2ブログ
こんにちは(*^^*)

まとめてません!ww
そんな時間がないままに週末です(*_*;


元山空についてまとめているのですが、一時まとめる方向が見つけられず困りました。
が、よくよく考えてみれば、私がしたいことって、いち個人の生きた足跡や人柄などを伝えることなんです。
彼らの最期が戦死なわけであって、生まれてからそれまでは当時の一般的な日本男子として生きていたんです。

一番スポットを当てたいのは、在りし日の彼、なんですよね。
もちろん彼らの最期を知りたいですし、伝えることが叶うならそうしたいところもあります。
最期までを伝えてこそ足跡と言えるのかもしれませんが…

最期の瞬間というのは、一番衝撃的な事実です。
そのパワーでそれまで語られたものが消えてしまうほど。
私自身も受け止めることに難儀し、いつまでも消化できずに苦しむことがほとんどです。


予科練の機関紙で、乙飛六期、山岸昌司さんについて寄稿したことがありました。
その際、私は山岸さんのお人柄も、もちろん戦果(戦死された状況も)など、たいして書くことができませんでした。
どちらかと言えば、山岸さんのご遺族のHさんとのご縁についてがメインだったかなとも思います。

ですが、私が言わんとしているところから離れた、という感覚はあまりありませんでした。
戦果について別の方にお話ししていただこうとも、私自身が伝えたいことを伝えていくことが大事、なのだと分かったからだと思います。

そう考えると、最期の瞬間について伝えることは、可能な限りを除いてその次の段階で良いのではないかと感じます。
知りたいという想いがありますので、ここで終わり、という線引きはもちろん致しませんが。

このような人間たちがここに確かに生きていたんだ、ということ、まずはここを重点としてまとめられたらと思います。
結局は私がいつも行っていることをまとめる、だけなのかも~(笑)

あとは、どれだけ個人を特定して肖像画を描けるか。
肖像画にどれだけ想いを籠めらるか。
見て下さった方にどれだけ伝わるかは、受け取る側にしか判断できません。
それは委ねるしかないことです。
それでも描き続けることで、いつも彼らはそばにいてくださるように思います。
きっとにっこり笑っていてくださっていると思います。

大切に思っていれば、思いは届くと知っています。
私にとって特別な元山航空隊の特攻隊員。
心を籠めて書いて、描いて、読んでくださる方に伝えたいです。
空の上の彼らにも、彼らが守ろうとしたご遺族(ご家族)にも。


決意表明みたいになってしまってすみません(笑)
現在、金剛隊員(予学十三期生)の肖像画を少しずつ描いています。
急ぐことは致しませんが、こちらもまとめの中に一緒に納めれたら良いなと思います。





スポンサーサイト



2021.01.24 Sun l 元山空全般 l コメント (0) l top
こんにちは(^^♪

先日より、ブログのカテゴリーを若干変更しております。

☆予科練生☆については、翔鶴乗組の方々についてだけ枝番に。

☆元山航空隊☆というカテゴリーを作り、海兵、予備学生などの枝番に。
元山空全般についてのものも枝番にしてあります。

ですが、☆がついているカテゴリーをクリックすれば、今まで通りのカテゴリー別で読むこともできます。

あと一つか二つの枝番に分けられるとさらに使い勝手も良いのですが・・・
一つしかつなげられないのですよね。


読みやすくなったかはまだよくわかりませんが(笑)
自分で振り返りやすいかなとは思います( *´艸`)

それにしても、安部晃さんのお墓参り、一体何回行ったのだろうか…
分類していて、ほとんど安部さんのお墓にいった記事だった(笑)
またもちろんお参りしますけどね(^^)/

今後もぼちぼち変更していきます。
PC版ブログのみ、背景も冬仕様にしてあります。

追記
なんだか不具合があって、別の仕様にしました(笑)
今までのが一番読みやすいし、これが表示されないとか不具合が全くなくてよいな~(-_-;)
困ったもんだ。
とりあえず変更したままやってみます。

2021.01.14 Thu l ☆日々のこと☆ l コメント (2) l top
こんにちは(^^♪

先日、そろそろ元山空についてまとめようかと書きました。
一応自分で書いていることなど読み返し、まとめれそうと思ったのですが、一体どういう形にしようかと考えました。
年表にして時系列でわかりやすく!と思ったものの、エピソードなど入れていくとすると、膨大な量となり、さらに表が増えて、わかりやすくはできなさそうであることに気づき、さっそく参っています(笑)

これは本当に本にできちゃう量なのかもしれません(*_*;
困った…。
あまり多いと、記事にするのも大変です;;;
どうするのが良いか、まずは頭の中で組み立てていきましょうかね。

新年早々、首を絞めるようなことになっていますがw、役に立てるようなブログにしていきたいと思っております。
元山空と書いておりますが、他にも途中の部隊やら人が大勢ですので、いつも通り色々脱線しながらだと思われます。
ぬるーーくお見守りくださいませ(笑)

今年も慰霊祭等はなさそうですから、こういった座学的な?ことをやっていきましょう…。
あとは描く描く詐欺にならないように、多くの隊員の肖像画を残したいです。

あ!
今月は我らが西澤廣義さんのお誕生日がまたきます!
来月は山岸さんだ~(#^.^#)
2021.01.11 Mon l 元山空全般 l コメント (0) l top
こんにちは(*^^*)

昨日は、第28金剛隊の出撃された日でした。
ある予科練生を追いかけています。
甲飛11期、山口県出身のかたです。

岩国から、332空比島進出組として(海兵71期、竹田中尉隊長)進出されてから、出撃されるまでの足跡が皆無です…(;ω;)

それでも毎年御命日はやって来るわけで…

何もかもがないので、気の毒で仕方がありません。
少しでも足取りがわかれば良いのになぁ…(。´Д⊂)

御冥福を心よりお祈り致します。
2021.01.08 Fri l ☆予科練生☆ l コメント (0) l top
こんにちは(^^♪

さすがにまとめようか。
何を?

元山空金剛隊についてですよ・・・
これだけ数年書いてきたのに、点々と存在する記事で、まとまって読めるものがない…
検索してみたら、あるわあるわ、 バラバラの記事が(笑)

大したことも書いていないのですが、大村空付きであったころぐらいからきちんと時系列で書けば、自分でも気づいていないことや忘れていることも見えてきそう。

金剛隊員を調べられている方やご遺族様の何かのお役に立つのではと思います。(ほんと大したこと書いていないwww)

自分のブログ記事をあさって、そのうちまとめ記事にしよう。。。
いつになるやらは言いません(笑)

脱線ですが、元山空で特攻隊長となられた海兵士官は、あと海兵72期の田中中尉を描き残せば網羅だ!(4人だしな)
七生隊も含め、時系列にしていければなおいいですね。
結局、俺得な記事で終始するでしょうな・・・

先日も書いたのですが、練習航空隊で元山空は語り部などいません。(外地の航空隊はほとんどですが)
近いようで遠かった朝鮮の地で、ご家族を想い厳しい訓練に耐え、散ってゆかれた隊員たちがいたこと、少しでも伝えていきます。

今年は、初心に帰ること。
それしかない。
必死に生きること、それだけです。

あ、七生隊予学十四期生も全く描いていない。。。(-_-;)

2021.01.07 Thu l 元山空全般 l コメント (0) l top